ドメインの登録が保留中です。1 時間後に再度ご確認ください
投稿日: 2021/09/11

ネパール料理 ナマステ エブリバディ

2021/9/11
(うとQ世話し「ニューノーマル考」と9/17発売予定 新刊本のご案内)
●2年目の「ニューノーマル探索サバイバル日記」の表紙を今月から変えました。
「ひょっとして勘違いもいいとこの我々はそっぽをむかれているのではないか?
地球から
未来から
ここまで繋いできてくださった先祖から」
と言う暗喩(メタファ)として「何故かこちらに背を向けている今年のひまわり畑」の絵柄に変えております。
ご参考までに、前回の案内文も付記しておきます。
●案内文
2年目に突入したコロナ渦での「ニューノーマル(新常態)」を探索する前に、大切なことがひとつ。
それは、自分にとっての「常態(ノーマル)」をどう認識しているか?です。
安心で安全。常に平時で「意のままになる」のが常態と思っている人と、
いつ何が起こるか分からない。常に不確実が常時で「意のままになること等ほとんどない」と思っている人。
その差は今回のコロナ禍、風水害、異常気象、経済の大減速に際して如実に表れました。
前者は「こんなはずじゃない。何とかしてよ」
後者は「また来たか。今回のはかなりデカいが、また超えるしかないな」
今回の件に関して「ニューノーマル」とメディアが騒ぐのは、どうも前者に立脚してのような気がします。
しかし、我々が認識を改めないといけないのは、後者へのシフトそのもの。
そうして、それを超えてサバイバルするためにはどうすればいいのか?や、大袈裟ですが、これから、どのような「世界観」や「価値観」を持つのが理にかなっているか?という認識の切り替えや深堀ではないでしょうか?
それをここではマスコミやメディアの言う前者とは違った立ち位置で探り、サバイバルにつながる道を見つけたいと思っております(敢えて大風呂敷を広げさせて戴きます)
●「繋ぎ」は本書内末で。

●発売日:9/17予定
●書名:コロナ禍同時進行執筆
カリー屋 ナマステ別館堂主人
「二年目のニューノーマル探索サバイバル日記」
●巻の数:「2021年9月の巻」
(尚当シリーズは毎月発刊の予定です。既発売の2020年1月から2021年8月の巻もよろしければお読みくださいませ)
●販売場所:アマゾン電子書籍kindle本にて
●定価:100円
●キャンペーン:
9/17 pm 5:00より
5日間限定
無料購読キャンペーン実施

●著者名「うときゅういっき」で検索。amazon kindleページに飛びます。
●又は下記のURLをクリックしてくださいませ。
https://www.amazon.co.jp/Kindle%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2-%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%80%80%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%8D/s?rh=n%3A2250738051%2Cp_27%3A%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%80%80%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%8D
以上 、よろしくお願い申し上げます。
ナマステ別館堂主人:うときゅういっき
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。